So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ

小堤英統 高校 沖縄 [ニュース]

小堤英統容疑者が、教鞭をとっていた高校は、
沖縄だという噂があります。
報道各紙は、元私立学校非常勤講師だと報じています。
事件発生当時は、東京都世田谷区にある高校の非常勤講師を務めていたようです。
この情報も確証はもてませんが、
かなり信ぴょう性はあると思います。


小堤英統容疑者と殺害された三好梨絵さんは、
2004年バドミントンサークルで出会ったようです。
そこから二人の交際が、始まったんですね。


結局、2006年に二人は、別れたようです。
この時も、小堤英統容疑者は、相当ショックを受けたようで、
自殺未遂をおこしたと言われています。


そして、三好梨絵さんに対する嫌がらせのメールを繰り返したんですね。
1000通以上のメールを送信したようです。


しかし、疑問に思うのは三好さんが、
何故メルアドや電話番号を変更しなかったのかという点です。


三好さんは、結婚や転居のことを
小堤英統容疑者には、隠していたんですよね。
そうであれば、当然メルアドなんかは変更すべきでしたね。


2011年、小堤英統は、三好さんへの嫌がらせメールに関する脅迫容疑で逮捕されました。
その時の警察が逮捕状を読み上げた際に、三好さんの結婚後の姓と住所が、小堤英統に知られたと言われています。
この三好さんの個人情報の漏えいについては、完全に警察のミスですね。


しかし、何度も言うようですが、2006年から2012年まで、嫌がらせメールが続いたのに何故、三好さんはメールアドレスを変えなかったのでしょう。
大きな疑問が残ります。


もしかすると、事件の真相が解明されるにつれて、新たな事実が浮かび上がってくる可能性もあるような気がしますね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

吉松育美 プロフィール [ニュース]

吉松育美 プロフィールをご紹介します。


第52回ミス・インターナショナル世界大会in沖縄2012が、
10月21日、那覇市の沖縄県立武道館で開催され、
吉松育美さん(25)がミス・インターナショナルに選ばれました。
日本人としては、初のミス・インターナショナルです。
同時に、報道関係者が選ぶ特別賞「ミス・フォトジェニック賞」も受賞しました。


吉松育美は、佐賀県鳥栖市出身で東京在住のモデルです。


生年月日  1987年6月21日
血液型   O型
星座    ふたご座
身長    171cm
3サイズ  88-61-90

彼女は、佐賀の鳥栖高等学校時代には、陸上部に所属し、
全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の
女子100mハードルで優勝しています。
相当な身体能力の持ち主ですね。
今年の東京マラソンにも参加し完走しました。


最近のモデルといえば、極端な食事制限などでスタイルを保っているため
不健康なイメージがありますが、
彼女の場合、スポーツなどを実践して、
鍛え抜かれた美という感じですね。
それが、今回の受賞につながったのでしょう。


彼女の父の幸宏氏もモスクワオリンピックの
陸上の代表でした。
父親の影響を受けたんでしょうね。


吉松育美さんのような健康的な美人が、
日本に活力をもたらすと思います。


精神は、肉体の状態に影響されるそうです。
体調がいいと心まで前向きで明るくなるんですね。


吉松育美さんの笑顔も作られたものではなく、
彼女の精神状態をそのまま現したものなのでしょう。


これからの女性は、精神、肉体両面の美を
追及すべきだと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

工藤静香 ダウン症 写真 [ニュース]

工藤静香さんのダウン症の娘さんの写真が、
ネット上にたくさん掲載されています。
その写真が本当に工藤さんの娘さんの写真なのか
わからないので、ここには掲載しません。


工藤さんとSMAPの木村拓哉のあいだには、
ふたりの娘さんがいます。
その娘さんのうち、次女のほうがダウン症だという噂が流れています。


この噂の出所は、
静岡県浜名湖近くのダウン症治療の第一人者といわれる医師のいる
病院で、工藤さんやキムタクの車を見かけたという情報があるようです。
それと、この病院の近くの高級住宅を夫婦が購入したという噂もあります。
さらに、次女の治療のために長女を病院の近くの学校に
転校させようとしたという噂もあります。
これらの噂の真偽は、わかっていません。


ダウン症の正式名称は、ダウン症候群です。
現在のところ、この病気の治療法・治療薬は、ありません。
母体の年齢が高いほど、ダウン症の子供が生まれてくる確率が高くなるようです。


ダウン症の場合、多くは障がいを持って生まれてくるようです。
思春期になると心因性のストレスも出てくることが多く、
閉じこもりがちになったりする傾向がみられます。


ダウン症は、染色体異常でおこる病気で、
現在、治療法はありません。


ダウン症の患者には、家族の暖かい見守りが必要です。
さらに、ダウン症の方や家族が幸せに暮らせる環境をつくることを
考えるべきだと思います。


現在、野田総理は、消費税引き上げにより、
社会保障制度に多額の予算をあてると明言しています。


この機会に、ダウン症などのまだ治療法が解明されていない患者が
幸福に暮らせる場所を開発することを真剣に考えるべきだと思います。


日本は、世界に先駆けてそういう国づくりをすべきだと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

橋下徹 週刊朝日 内容 [ニュース]

橋本徹大阪市長について、
週刊朝日が掲載した内容です。
週刊朝日は、「ハシシタ 奴の本性」という橋本氏に関する連載を
10月16日に発売された10月26日号から開始していました。
この連載記事の内容が物議を呼んだのです。


「ハシシタ 奴の本性」第1回の記事内容
橋下徹の正体と題して、
橋下徹大阪市長の出自や父親のことが掲載されています。
橋下氏が、部落出身であるとか、
父親が暴力団関係者であったという内容でした。


橋下徹大阪市長の朝日新聞社への対応
橋下氏は、記事に対し言論の自由を認めつつも、
記事内容について一線をこえているとして、
朝日新聞社への取材拒否を発表しました。


週刊朝日の対応
記事内容について謝罪し、連載中止の決定をしました。
この連載中止によって、橋下氏は取材に応じる意向を示しました。


週刊朝日の記事内容について
今回の橋下氏の出自に関する記事は、
明らかに行き過ぎでしたね。
部落という言葉を掲載すること自体、
異常だといえます。


現在の日本の社会において、
部落というのは存在しないはずです。
それを日本の大新聞である朝日新聞系列の
週刊朝日が記載するのを認めてしまうと
民主主義の崩壊にもつながりかねません。


部落という言葉は、もともと江戸時代の
封建制度の中から生まれたものです。
時代錯誤と言わざるを得ません。


橋下氏は、政治家です。
マスコミは、彼の出自などを詮索することより、
彼が政治家として正しいことをしているかどうかを
議論すべきでしょう。


朝日新聞や週刊朝日には、
もう少しレベルの高い報道をしてほしいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

角田美代子被告 画像 尼崎 事件 [ニュース]

角田美代子被告の画像が、
公開されませんね。
尼崎の事件の主犯格なのに、
何故、画像が公開されないのでしょうか。

この理由は、角田被告の国籍が
日本ではないということだと言われています。

角田被告の国籍は韓国で、
在日朝鮮人だという噂が流れています。

外国国籍なので、画像が公開できないそうです。

こういうことってあるのか、
国際法をきちんと調べたわけではないので
正確なところは、わかりませんが。

そういえば、沖縄なんかで、
度々、起こる事件で
米国兵の顔写真も公開されないようです。

角田被告は、尼崎ではクレーマーで
有名だったようですね。
彼女宛に届いた宅配便なんかを
近所の人が預かると
中身が壊れていたとか
クレームをつけることがあったようです。

それで、近所の人は彼女の宅配便は、
預からなくなったようです。

尼崎って昔から、こういうタイプの人間が
多いことで有名です。

イチャモンつけですね。

それで、世界的にガラが悪いところだと言われていました。
最近は、だいぶ良くなったと思っていたのですが、
まだまだ、根深いものがあるようですね。

私は以前、兵庫県に住んでいたんですが、
尼崎の某工業高校なんか、
県下でもガラの悪い高校として有名でした。

流れ者の労働者も多く、
阪神尼崎の周辺なんかは、
気をつけて歩いたほうがいいですね。
ちょっと肩があたっただけで、
言いがかりをつけられることもあるそうです。

角田美代子被告は、そういうイチャモンつけの
代表のような存在だったようです。

早急な事件の全容解明が待たれます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

森口尚史 韓国 中国 [ニュース]

森口尚史氏が、韓国人か中国人ではないかということが、
噂されています。

この噂は、彼の容姿からきているようですね。
こちらが、その画像です。
森口.jpg

確かに北朝鮮の金正日元総書記なんかと
似ているような気もします。

調べてみると、
彼の出身地は、奈良県です。
出身が日本であっても
韓国人や中国人はいますので、
この噂を完全に否定することはできません。

この森口氏が、
2012年の読売新聞紙上で、
「iPS細胞を使った世界初の心筋移植手術を実施した」と
発表しました。
同紙では、この手術を行ったのは、
ハーバード大学メディカルスクール・マサチューセッツ総合病院だということでした。

しかし、マサチューセッツ総合病院がこの発表の事実を否定しました。

これにより、読売新聞は、
同氏の説明は、虚偽であったとし、
それに関する一連の記事は、
誤報であったことを認めました。

森口氏自信は、嘘の発言であることを
認めていません。

でも、何故このような時期に、
このような発表をしたんでしょうか、
そこのところに疑問が残ります。

山中伸弥京都大教授のノーベル医学・生理学賞受賞直後の発表というのも、
何か意図的なものを感じます。

そこで、今、いろいろ問題が生じている
韓国・中国・北朝鮮の陰謀説というのが浮上してきます。

山中伸弥京都大教授のノーベル医学・生理学賞受賞を
妨害するというものです。

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を
世界で誰が一番最初に開発したかという問題です。

森口氏の発表が真実なら、
山中教授の世界初のiPS細胞の開発ということが
否定されてしまいます。

尖閣諸島に対する中国の対応や
北朝鮮による拉致事件などといったことを考えると
妨害があってもおかしくないと思います。
韓国は、そこまではしないと思います。

もう一つは、
森口尚史氏の売名行為です。

この線が強いと思いますが、
虚偽の発言をしてバレないと考えるほど、
森口氏は無能ではないはずです。

森口氏に多額の金が渡って、
このような発言に至ったと
考えてしまいますね。

森口尚史 韓国 中国でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ドコモ ワンピーススマホ 予約 [ニュース]

ドコモからワンピーススマホが、発売されます。
予約や価格は、今のところ未定です。

YouTubeに、このスマホの動画もアップされていました。


ONE PIECE(ワンピース)とNTTスマートフォンのコラボですね。
機種名は、「N-02E ONE PIECE」。
ワンピースの連載開始15周年を記念しての発売です。
今年、12月に限定5万台の販売です。
限定5万台というのは、
ワンピースファンの数から考えると、
希少性が高いですね。

ワンピースファンには、待望のスマホといえるでしょう。
発売を今か今かとまっている人が多いと思いますので、
予約は殺到すると思います。
5万台は、すぐに売り切れる可能性が高いですね。
その後は、オークションなんかで、高値の販売になるでしょう。

ワンピースは、尾田栄一郎の人気マンガで
週刊少年ジャンプで連載しています。
今も世界中で大人気です。
そこから考えると、ドコモだけじゃなく
海外のスマホにも、
導入される可能性もあると思います。

ワンピーススマホのデザインには、
海賊船「サウザンドサニー号」の素材である「宝樹アダム」が使われています。
背面には、ルフィが描いた麦わらの一味の海賊旗マークがあるなど、
ワンピースファンにはたまらない設定になっています。
私は、しらほし姫も入れて欲しかったのですが。

アプリには、「ルフィの扉絵全集」、「ロビンの年表アプリ」、
「ゾロの居合い切りゲーム」、「ナミの天気ウィジェット」、
「ウソップのARアプリ」、「チョッパーのマチキャラ」などがあります。
ワンピースファンには、たまらないセッティングですね。

このドコモのワンピーススマホは、
Android OS 4.0搭載のNECカシオモバイルコミュニケーションズ製で、
Xi(クロッシィ)、NOTTV、ワンセグ、おサイフケータイにも対応しています。
機能的にも、申し分ないですね。
予約日の発表を待ちましょう。

ドコモ ワンピーススマホ 予約でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

山中伸弥 家族 子供 大学 [ニュース]

山中伸弥教授の家族の
子供の大学について、調べてみました。

山中伸弥さんは、現在、
京都大学の教授ですね。
50歳という若さで、
2012年の
今年のノーベル医学生理学賞を受賞しました。

最近、ノーベル賞では、
東京大学より京都大学が押し気味ですね。

山中伸弥教授の家族ですが、
奥さんと二人の娘さんがいるようです。

ノーベル賞の山中教授、夫婦会見ノーカット(7)(12/10/09)


奥さんも医学部の出身で、
現在、皮膚科医なんだそうです。
この会見でも、すごく聡明な女性という
印象ですね。

二人は、同じ中学、高校の出身だそうです。

娘さんは、二人とも
医学部に在籍中だそうです。
まさに、医学の家庭ですね。

親が医学の研究者や医者だと
子供もそういう道に進むことが多いようですね。

湯川秀樹博士の家庭も
研究者になった子供が多かったようです。

やはり、家族は、同じような環境で
生活しているので、
思考法なんかが似てくるんでしょうね。

人間って、周囲に大きな影響を
受ける動物なんでしょうね。

山中伸弥教授がノーベル賞を受賞した
iPS細胞ですが、
何にでも変化するんですよね。
画期的な研究ですね。

いろんな病気を治すのに
応用できるそうです。

難病で苦しんでいる多くの人を
救うことになるでしょう。

これからは、人類が、
山中伸弥教授のように、
他の人のために役立つような
仕事をすべきですね。

医学だけでなく、
どんな仕事にも
他の人のために役立つ要素って、
絶対あります。

そして、争いをやめて
共存共栄することが大切だと思います。

山中伸弥教授は、頭の良さだけでなく、
全人類に貢献するという思考があったから
今回のノーベル賞受賞につながったのだと思います。

山中伸弥 家族 子供 大学でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。